便秘は万病の元

誰しも一度は経験したことがあるであろう身近な病気のひとつが「便秘」です。


便秘の定義は個人によっても差があり、一概にどれくらい出ないことが便秘になるのかということはハッキリと言えません。
たとえば、毎日3回便通があることが通常な人が、1回しか無くお腹が苦しいといった症状が出ている場合は便秘になりますし、3日に1回ペースの人が何の苦痛も無く毎回スッキリと便通があるのであれば便秘ではありません。


また、便秘といっても様々なタイプの便秘があります。
便意を我慢することが習慣となってしまい、そのために便意を感じなくなってしまう「習慣性便秘」。
便を肛門まで運ぶために起こる蠕動運動が弱く、運ぶことができないために起こる「弛緩性便秘」。
そして、大腸がんなどが原因で、便が上手く通過することができないために起こる「器質的便秘」です。


あまりに身近な病気であるため、便秘について軽く考えている方も少なくないと思います。
また、近年では便秘薬が市販で多く出回っており、宣伝などでも「お腹にやさしい」とか「自然に」などという表現が使われているため、安易に使われやすくなっています。
こうしたことも手伝って、出なくても便秘薬を使えばいいや…くらいに思っている方も多いでしょう。
しかし、便秘というのは私たちが思っている以上に重大な病気に繋がる可能性を秘めています。
また、今起こっている便秘は、すでに起こっている病気のせいだという可能性もあります。
便秘と病気の関係、詳しくご紹介しましょう。


[管理人推奨外部リンク]
市販で出回っている便秘薬ではなくオリゴ糖で便秘を改善した方達の口コミ情報サイトです・・・便秘 改善

Copyright © 2014 便秘と病気の関係 All Rights Reserved.